南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

アクセス WEB予約

予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科

予防歯科

歯科医療は以前であれば、「歯が痛いから歯医者に行く」という考え方が中心でしたが、最近は「歯の健康な状態を保ち、悪くならないように歯医者に行く」という考え方が定着しつつあります。このような考え方に基づいて診療を行うのが予防歯科です。

当院における『未来型予防』の考え方・特徴に関してはこちらをご覧ください。

ここでは、予防歯科のメリットや内容に関して説明させていただきます。

予防歯科により、虫歯や歯周病の発症を抑えることによるメリットは想像しやすいと思いますが、その他にも多くのメリットが存在します。

一生にかかる医療費(医科も含む)を抑えることができる

日本における調査によれば、歯科の定期検診に通うと、48歳までは定期検診の費用として年間約2万円平均より医療費が高くなりますが、49歳以降は平均を下回るという結果がでています。さらに65歳では定期検診を受けていると約20万円、受けていない場合は約35万円と年間の医療費に大きな差がでてくるのです。その結果、生涯にかかる医療費に約300万円もの違いが出るとされています。
この理由として考えられるのは、歯のトラブルは全身の病気を引き起こすきっかけになるということです。例えば歯が悪く硬いものが食べられなくなると、栄養が偏りがちになり、栄養の偏りは糖尿病や骨粗しょう症などをまねく恐れがあります。
歯を健康に保つことは体全体の健康を維持することにつながるといえます。

生活の質がアップする

人間にとって究極の欲望の一つは“食べること”です。食べ物のおいしさを感じるためには、味や匂いはもちろんですが、噛み応えも非常に大切な要素です。
入れ歯では、食事をとることはできますが、自分の歯ではないため、人によっては異物感になかなか慣れないという場合もあります。入れ歯は毎日のメンテナンスは必須ですし、歯肉の変化によって、何年かごとに作り替えをしなければならないため、費用もかかります。
生きることは食べることです。おいしく食べられる自分の歯をもつことは、人間の生活を豊かにする大切な要素なのです。

健康に対する後悔のアンケートの1位は
『歯の定期検診を受ければよかった』

少し古いアンケートではありますが、2012年に55~74歳の男女1060名によるアンケートで、健康に対する後悔の1位は『歯の定期検診を受ければよかった』です。
運動でも食事でもタバコでもなく、それ以上に歯に関して後悔をしているということです。早いうちから歯の定期検診を受けることでより効果が得られますが、いつから始めても遅いということはありません。思い立ったら、すぐにでも定期検診を受けることをお勧めします。

認知症のリスクを減らせる

65歳以上の高齢者では、7人に1人が認知症であるといわれていますが、歯数が少ない人や、咀嚼能力が低い人、かかりつけ歯科医院がない人ほど、認知症の発症率が高まるという調査結果がでています。歯がほとんどなく義歯も未使用の人では、20本の歯がある人に比べて、認知症発症リスクは1.9倍高くなっていたのです。噛まないでいると脳細胞が減少するというデータもあり、自分の歯で噛むことは脳にも影響を与える可能性があります。

定期検診によるこれだけのメリットがあるにも関わらず、日本の歯科定期検診率はわずか6%と言われています。世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは、定期検診率は大人で80〜90%、子供では100%です。アメリカでも70%と高い受診率です。
日本の予防歯科はスウェーデンに20〜30年遅れているとされており、20年後には日本でもスウェーデンと同様程度の定期検診率になるかもしれません。しかしながらそれを待つ間に守れる歯がどれほどあるでしょうか?
また、残念ながら日本の歯科医院における予防歯科自体が、予防先進国と比較して遅れてしまっていることも事実だと思います。ただお掃除を繰り返すだけで歯を守ることはできません。
当院では、通い続ける価値のある定期検診を行えるよう、スタッフ一同正しい知識を共有し、10年後、20年後に通っていて良かったと言ってもらえる歯科医院を目指します。