南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

アクセス WEB予約

入れ歯(義歯)

DENTURES

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)とは

取り外しができる人工の歯を入れ歯と言います。入れ歯は大きく分類すると、部分入れ歯と総入れ歯があり、健康保険が適用になるものと保健外診療で作製するものがあります。

保険適用から保険適応外まで様々な入れ歯をご用意

入れ歯

入れ歯の種類は様々で、保険適用のものから保険適応外のものまでいろいろあります。当院では、いずれのタイプもご用意できます。
健康保険が適用される入れ歯には、材質やデザインに制限が生じてきますが、「噛む」という入れ歯の基本的な機能に問題はありません。基本的には全てプラスチックのため、強度を出すために分厚くなり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりしますが、修理や調整がしやすいというメリットもあります。保険適用外の入れ歯としては、金属床義歯やコーヌス義歯などの製作を行っています。いろいろな選択肢がありますので、まずは一度ご相談ください。

入れ歯の種類

レジン床義歯
レジン床義歯

床(しょう:歯茎に密着する部分)がレジン(プラスチック)でできた入れ歯です。保険適用なので、安価で作製できます。しかし、床の部分が厚く、飲み込みにくさや、話しづらさを感じることがあります。また、熱が伝わりにくいため、食べ物の温度を感じにくくなりがちです。ただし、修理や調整は比較的容易です。

金属床義歯

床の部分が、金属でできた入れ歯です。強度があるため薄くでき、発音がしやすく、違和感も少なくて済みます。また、冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので、食事をより楽しむことができます。体との親和性に優れていて適合性が良く、耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。ただし、レジン床義歯と比較すると修理が難しいことがあること、また、保険適用でないため、製作費用は高めになります。
金属床には、使用する金属の種類により、ゴールド床、チタン床、およびコバルトクロム床があります。

ゴールド床義歯
ゴールド床義歯

柔軟性に優れており、体への影響が少ない入れ歯です。腐食しにくいほか、金属アレルギーの原因になりにくいのが特徴で、熱伝導性にも優れています。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンは、体の中に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、インプラントにも用いられています。薄くて軽いのが特徴で、口の中に長時間入れていても違和感が少なく、疲れにくいです。汚れが付着しづらい上、耐久性にも優れています。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロム合金は、入れ歯治療に長く用いられてきた信用と実績のある金属です。耐久性と快適性に優れており、金属床のなかでは比較的安く作れます。

ノンクラスプデンチャー(金具を使用しない入れ歯)
ノンクラスプデンチャー(金具を使用しない入れ歯)

これまで部分入れ歯の場合、金属のクラスプ(バネ)を歯に引っ掛けて口の中に装着するタイプが主流でしたが、金属のクラスプを使わない入れ歯が近年登場しました。それが「ノンクラスプデンチャー」です。クラスプに弾性のある歯肉色の樹脂を使用することで、口腔内の色と同調するため、装着していても目立たず自然で、違和感が少ないのが特徴です。金属が使われていないため、金属アレルギーの方も安心です。
しかしながら、弾性があるため、力が加わるとたわみ、条件によっては痛みを生じやすく、たわむことで支える歯に過度の負担がかかってしまう可能性があります。
見えない部分に金属を使い強度を保った上で、見える部位には金属を使用しないことで、デメリットを抑える方法もございます。入れ歯の見た目が気になるかたは一度ご相談ください。

マグネットデンチャー(磁石入れ歯)
マグネットデンチャー(磁石入れ歯)

歯根と義歯に、それぞれ小さいながらも強力な磁石(マグネット)を埋め込んで固定します。そのため、ぴったりと吸着し合い、いきなり落ちたり、ガタガタ動いたりすることが無く、安定性に優れています。構造もシンプルなため、装着・取り外しが容易です。

コーヌス義歯

コーヌス義歯とは、残っている歯に金属冠を被せ、その上から筒状に装着するタイプの義歯です。「茶筒」のような嵌め込み式の機構を用いることで維持力を発揮します。もともとドイツで発明された技術で、約半世紀の実績を持つ入れ歯治療です。

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラントを埋め込み、その上に取り外し式の入れ歯をアタッチメントを用いて装着します。インプラントの本数や使用するアタッチメントにより様々な方法がございます。入れ歯が噛めない、入れ歯がすぐに外れてしまうなどありましたらご相談ください。

入れ歯の不具合はお早めにご相談を

合わない入れ歯を使用し続けると、頭痛や肩こりをはじめ、場合によっては免疫力が低下するといった全身症状が出てきます。
また、製作直後は問題無く使えていた入れ歯も、長期にわたって使用しているうちに、ズレたり合わなくなったりしてきます。この状態のままですと「噛み合わせ」が乱れ、食べ物が噛みづらくなり、顎の関節に悪影響が及ぶなどして、痛みが生じることも少なくありません。入れ歯のズレや噛み合わせなどが気になる方は、お早めにご相談ください。