南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

アクセス WEB予約

インプラント

IMPLANT

インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、厳密には身体に埋め込む人工物の総称ですが、近年では、歯科におけるデンタルインプラントが一般的になっており、デンタルインプラントを単にインプラント呼ぶことが多くなっています。

インプラント治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯を失った箇所にチタン製の人工の歯根(インプラント)を埋め込み、歯を補う治療法です。
差し歯とインプラントを混同してしまいがちですが、差し歯は自身の歯を土台とするもので、インプラントは手術により埋め込んだチタン製の人工の歯根を土台とするものです。先天的な欠損でなければ、基本的に抜歯後に行うのがインプラント治療となります。

インプラント治療は、1本の歯がなくなってしまった場合から、全ての歯がない場合でも適応が可能です。近年では、インプラントと入れ歯を組み合わせた治療法もあり、様々なニーズに応えることができるようになっています。

近年、インプラントに対してネガティブな情報や意見も多く見られますが、インプラントは乳歯・永久歯に続く『第3の歯』とも呼ばれ、多くのメリットがあることも事実です。患者さんによって何をメリットとするか、何をデメリットと捉えるかは違いますので、医学的なメリット・デメリットだけでなく、ご自身の中でのメリットが上回る場合には非常に優れた方法であると思います。ご不安やご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

インプラント治療について

以下に、インプラントのメリット・デメリットと、一般的な治療法とインプラントを比較した場合のメリット・デメリットを示します。それぞれの治療法のメリット・デメリットではなく、ここでは、わかりやすいよう、あくまでもインプラントとの比較という形で記載させていただきます。

インプラント インプラント
メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない(歯を削らない,繋げない)
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
  • ・自分の歯と同じような力で噛むことができる
デメリット
  • ・保険外診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
  • ・外科処置を伴う
  • ・インプラント周囲の炎症を生じる可能性がある
  • ・再治療などが必要になった場合の負担(費用,期間,手術)が大きい
ブリッジ ブリッジ
治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って土台とし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・保険が適用できる方法であれば治療費を抑えられる
  • ・治療期間が短い
デメリット
  • ・金属を用いる場合,金属が見える
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・土台となる歯の負担が大きくなる
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • ・保険が適用できる設計であれば治療費が抑えられる
  • ・適応条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
  • ・修理や再製作が容易
  • ・治療期間が短い
デメリット
  • ・自身での取り外しが必要で煩わしさがある
  • ・バネのかかる歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・固定のばねが目立つ場合がある
  • ・装着に違和感を感じることがある
  • ・噛める力が弱い
総入れ歯 総入れ歯
メリット
  • ・保険適用できる義歯であれば治療費が抑えられる
  • ・修理や再製作が用意
  • ・治療期間が短い
デメリット
  • ・噛める力が弱い
  • ・自身での取り外しが必要で煩わしさがある
  • ・装着の違和感、話しにくさが生じることがある

インプラント治療の手順について

インプラントは、以下のようなステップで治療を行います。大まかではありますが、一般的な手順の流れを紹介します。お口の状態によって、治療方法は変わりますので、あくまでも参考とお考えください。

STEP.1
歯や顎骨の状態についての検査
専用の検査器具やX線撮影、CTなどにより、歯や顎骨の状態を詳細に調べます。
STEP.2
お口の状態のご説明・治療計画のご案内
歯や顎骨など、口腔内がどんな状態なのかをご説明し、インプラント治療計画の流れについてご案内します。十分にご理解・ご納得いただいてから、治療を開始します。
STEP.3
インプラント体の埋め込み手術
局所麻酔を行い、インプラント体を顎骨に埋め込みます。
インプラントと顎骨の結合には、通常3~6ヶ月くらいを要します(インプラント体の種類、骨の健康状態、体調などによって要する期間は異なってきます)。
STEP.4
上部構造(人工歯)を装着
顎骨と結合したことを確認したインプラント体に、アバットメント(人工歯とインプラントを連結させる支台)を取り付け、そこに人工歯を装着します。
STEP.5
メンテナンス
インプラントを長持ちさせるために、自分の天然歯と同様のケアを行ってください。また、歯科クリニックでの検診やクリーニングを定期的にお受けください。