南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

アクセス WEB予約

審美歯科

AESTHETIC DENTISTRY

審美歯科

審美歯科

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。歯科治療には「虫歯や歯周病を治す」「よく噛めるようにする」といった機能的な側面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」といった美観の側面があります。この機能美と審美の両方を満たす歯科治療が審美歯科治療です。年代に関係なく、幼年期から、青年期、老年期にかけ、その年代にふさわしい口元の「健康美」を求めることを審美歯科と考えます。
当院では、あくまでも、機能美の上に成り立つ審美を目指します。また、歯だけではなく、歯茎の色や状態との調和が非常に大事になります。そのため、より調和した審美を求める方には、歯茎に対する歯肉ホワイトニングや、歯周形成外科といった歯茎の形態を整えるための治療を行うことも可能です。 全ての方法には、メリット・デメリットがあり、患者さんの価値観とすり合わせながらメリットの多い方法を目指しながら相談させていただきます。

下記のようなご希望があればご相談ください。

  • 歯の形が気になる(大きい・小さい・短いなど)
  • 歯の色が気になる
  • 歯並びが気になる
  • 歯茎の色が気になる
  • 歯茎の隙間や形が気になる
  • 差し歯との間の黒ずみが気になる など

当院の主な審美歯科治療

オールセラミック
オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、セラミックでできているクラウン(被せ物、差し歯)です。クラウンのなかには金属を使ったものもありますが、オールセラミッククラウンには金属が使われていないため、天然歯のような透明感があります。金属を使うと、歯茎が痩せた場合に金属部分が露出したり、金属イオンの作用によって歯茎が黒っぽく見えることがあります。
しかし、オールセラミッククラウンではこうした心配がありません。プラークが付着しにくいのも特長です。また、クラウンのなかでは最も透明度が高く、しかもほとんど変色しないことから、前歯のように見た目が気になる歯の治療に適しています。

陶材焼付金属冠(メタルボンドクラウン)
陶材焼付金属冠(メタルボンドクラウン)

金属のフレームに陶材を貼り付けたクラウンです。金属で補強してあるので耐久性があり、奥歯のクラウンやブリッジの治療によく使われます。天然歯に似ているので美しく仕上がり、プラークや色素が付きづらいのも特長です。

ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジン(プラスチック)の成分を混ぜた材料で作られたクラウンで、セラミックの硬さとプラスチックの粘りを兼ね備えたクラウンです。オールセラミッククラウンよりも軟らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、透明感はやや劣り、プラスチックが含まれているため、口の中の水分を吸収し、年数を経るに従って黄色く変色してしまいます。

セラミックインレー
セラミックインレー

虫歯治療の際、歯を削り、歯型を取って作る詰め物のことをインレーと言います。セラミックインレーとは、セラミックでできたインレーのことです。セラミックインレーは白く透明感があるため、銀歯などと異なり、見た目が自然できれいな歯に仕上がり、お口の中が明るくなります。

ラミネートべニア
ラミネートベニア

歯の表面を薄く削るか、もしくは削ることなく、セラミックやハイブリッドセラミックでできた薄片を貼り付けて見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠損部分を補う治療です。ホワイトニングよりも白く、少しくらいの歯並びの修正なら矯正よりもずっと短期間で、美しい歯並びと白い歯が得られます。

歯肉ホワイトニング
歯肉ホワイトニング

歯肉が黒ずむ原因のうち、特に多いのがメラニン色素の沈着です。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守ろうとしてメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様です。たばこの煙や飲食物などの刺激から守るために、メラニン色素が生成されて黒ずんでくるのです。メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているので、薬品もしくはレーザーによる「歯肉ホワイトニング」によって、ピンク色の歯肉を取り戻せます(※変色の原因によっては、他の治療が必要になるケースもあります)。

歯周形成外科
歯周形成外科

歯周形成外科とは歯肉の位置を移動したり、歯肉を移植することにより歯肉のバランスを整える手法です。日本ではあまり聞きなれない分野ですが、スマイルの美しさを大切にする欧米では頻繁に行われている治療法です。基本的に外科処置となるため、負担を伴いますが、審美性の獲得や予防処置の一つとして多くのメリットを得ることができます。外科処置というデメリットを乗り越えられれば非常に有効な手法です。