南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

南行徳駅から徒歩30秒のあすはデンタルクリニック

アクセス WEB予約

口腔外科

ORAL SURGERY

口腔外科とは

口腔外科

口腔外科とは、一般歯科が対象とする虫歯や歯周病以外のお口の周囲の疾患を対象とした診療科です。治療内容は以下内容を初めとして、多岐にわたります。ご不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。

特にこのような症状がある場合、ご相談ください

  • 奥歯を噛むと痛い、歯茎が腫れた。
  • 頬や舌などの粘膜にできものができた。腫れた。
  • 口内炎が気になる。痛い。
  • 口や顎の外傷を負ってしまった。
  • 歯が折れた・欠けた・抜けた。 など

主な治療

親知らず(智歯)の抜歯

親知らずは18歳臼歯もしくは智歯(ちし)とも言われ、20歳前後に口の中に生えてきます。しっかりまっすぐに生えている場合は問題ありませんが、残念ながら多くの場合は、横に生えたり、生え切らなかったりすることがほとんどです。そうすると、歯ブラシが届かず、親知らずだけでなく手前の歯にも虫歯や歯周病になってしまう可能性が高くなります。
また、汚れが溜まることで、細菌の感染により炎症を起こす智歯周囲炎(ちししゅういえん)などにより痛みが出ることがあります。このような親知らずに関しては抜歯することをお勧めいたします。
当院はCTを完備しているため、CT撮影により抜歯の前にしっかりと診査・診断を行い、抜歯の難易度やリスクを説明させていただきます。当院では、口腔外科認定医が抜歯を行いますが、当院での抜歯が困難な場合は、大学病院などをご紹介させていただくこともございます。

顎関節症

顎関節症の3大症状とは

  • 口を開けたり閉じたりするときに、あごから音がなる
  • 口が開きにくくなった
  • 口を開けたり閉じたりするときに顎が痛む

あごは顎関節(ガクカンセツ)と呼ばれる耳の前に位置する関節により動きがコントロールされています。この顎関節に何らかの理由で大きな負担や傷害が加わることで上記のような症状が現れます。
原因としては、咬み合わせの状態、歯ぎしりや歯を噛みしめる癖、ムチウチなどの外傷、ストレス、姿勢の悪さなど様々な理由により生じるとされています。

治療法としては、基本的には現在の症状を抑えることになりますが、顎関節のどの部位に障害が起きているかで、治療方法や対応が異なってきます。 一般的な治療法としては、鎮痛薬により関節内の炎症を鎮めるとともに痛みを取り除き、必要であればスプリントと呼ばれるプラスチックのマウスピースを作成し、顎関節に過剰な負担がかからないようにコントロールします。

他にも、口内炎などをはじめとするお口の炎症、腫瘍、外傷などにもしっかりと対応させていただきます。気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。